小文字のaの違い・書き方

・フックみたいな小文字のa
・屋根付きの小文字のa
・簡単に書ける小文字のa

小文字のaという文字には2つの種類がありますね。

学校では「マル書いて、右側に棒を付け足す」

簡単な小文字のaを教えられますが、はたしてその違いは何なのでしょう。

解説していきます!

小文字のaとaの違い

フォントの違う小文字のa

小文字のaは、フォントによって違います。

筆記体、行書体のフォントだと手書きのようなaになります。

ブロック体、ゴシック体だと、上からカーブを描いたaになります。

小文字のgと同じく、読むときの文字と書くときの文字の違いがありそうです。

小文字のaに名前がある

小文字のaの名前

手書きで使う小文字のa

多くの人が書くときに使うの小文字のaは「シングルストーリー・エイ」と呼ばれています。

英語で書くと「Single-storey a」です。

storeyは、建物の階数や高さという意味です。

シングルなので、1階建てのAということになりますね。

外国の子供向けテキストでも、こちらのaが紹介されています。

小文字のAの書き方

小文字のaの書き方

アルファベットを書くときには、とくに書き順は気にしなくてもいいみたいです。

しかし、丸→棒の順で書いた方がバランスよく書けますね。

屋根付きのa

文章などでよく見かける、フックみたいな小文字のaは『ダブルストーリー・エイ』と呼ばれています。

英語では「Double-storey a」です。2階建ての小文字のaという意味になりますね。

まとめ

小文字のaの違い(イメージ)

小文字のaには、「シングルストーリー」と「ダブルストーリー」の2種類があります。

「シングルストーリー」は1階建てのa。

「ダブルストーリー」は2階建てのa。

それぞれに由来が違ったりもしますが、日本語でいう明朝体、筆記体の違いのようなものですね。

タイトルとURLをコピーしました