ひらがなの「そ」2種類あるのはなぜ?書き方・画数・フォントの出し方を紹介

当サイトにはプロモーションを含みます。
この記事でわかること

・ひらがなの「そ」の画数はは一画か、二画か。

・ひらがなの「そ」はZのように書くのが正しい?

・カタカナの「ソ」のように分けて書くひらがなの「そ」は正しいのか。

・ひらがなの「そ」の子どもに教えるならどっち?

・ひらがなの「そ」をきれいに書くコツは?

・2種類の「そ」のフォントについて。

スポンサーリンク

ひらがなの「そ」が2種類あるのはなぜ?

ひらがなの「そ」が2種類ある理由は、字源(成り立ち)を見てみるとわかります。

ひらがなの「そ」の元の字は漢字の「曽」だそうです。

「曽」という漢字を草書体で崩して書くと、平仮名の「そ」に似た字形になりますね。

草書体のように、つなげて書く場合は1画でアルファベットのZのような書き出しの「そ」になります。

一方2画で書くひらがなの「そ」の文字も漢字の「曽」の書き出しを見てみると、見る人によってはカタカナの「ソ」のようにも書き出すことができます。

「曽」の頭の部分が今も名残のようになっているのかもしれませんね。

ひらがなの「そ」は1画で離して書くのが正しいのか

どちらが「正しい」と決められてはいませんが、小学校では1画でZのように繋げて書く「そ」で指導されます。

ひらがなの「そ」は、二種類の書き方がありますね。

・1画で頭の部分がアルファベットの「Z」のように始まる
・2画で頭の部分がカタカナの「ソ」のように書く

どちらも間違いではありませんが、もしこれからお子さんにひらがなを教えようと思うのであれば、一画で書く「そ」を教えてあげるといいかもしれませんね。

小学校の国語の教科書でも、「教科書体」というフォントが使われているので、1画で書くひらがなの「そ」が推奨されています。

ひらがなの「そ」のきれいな書き方

ひらがなの「そ」きれいに書く、書き方

ひらがなの「そ」は、跳ね・払いがなくとてもシンプルですが、ジグザグしていて、バランスが難しいです。

ポイントは以下の通り。

最初の「Z」は横長のイメージで書きます。

降ろしてくる部分は、ひらがなの「て」をイメージして書きましょう。

止める部分を、はっきりさせるとよりきれいに見えますよ。

\字を書き始めたお子さんにオススメのドリル!/

自分流が癖になる前に!初めての字を習うお子さんに一番最初にやってほしいドリルです!

\大人になってから字の練習がしたい方に!/

ひらがなの「そ」の2種類のフォント

ひらがなの「そ」は、フォントによってイメージが大きく変わるように思います。

ひらがなを習いたての子どもに印刷物などを作成するときは、なるべく子どもたちが習ったフォントで統一したいですね。

1画で書くひらがなの「そ」のフォント

一筆書きの「そ」のフォントの方が数多くでてきました。

それだけ、現代では一画で書く方が主流なようですね。

・ゴシック体

・教科書体

のフォント設定にしておくと、一画の「そ」が出てきます。

2画で書くひらがなの「そ」のフォント

二画で書く平仮名の「そ」は、ポップ体のフォントで出てきます。

ポスターなどデザイン性が求められる掲示物に使うと、目を引く物に仕上がりそうです。

文書作成の際、使い分けてみてください。

まとめ

ひらがなの「そ」の書き方が2種類あるのは、字源である漢字の「曽」を見てみるとわかりますね。

・1画で頭の部分がアルファベットの「Z」のように始まる
・2画で頭の部分がカタカナの「ソ」のように書く

どちらも間違いではありません。

しかし、現代の教育では1画で書く「そ」が推奨されています。

2画で書くひらがなの「そ」はポップなイメージもあり、掲示物などでよく目にしますね。

ぜひ、日常でも使い分けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました