【賢い子に育てよう】子どもを絵本好きにさせたい!わが家が実践した方法

お悩みママ
お悩みママ

絵本の読み聞かせをしてあげたいのに…

絵本を好きになってほしいのに…

子どもが全く興味を持ってくれない…

我が子は2歳まで絵本に全く興味を示しませんでした。

どうにかして本を好きになってほしいと思い、数々の育児本を読んではいろいろと実践してみました。

息子は今では年長さんとなり本のない暮らしはできない生活を送っています。

子どもの興味のある内容の本を選ぶ

我が子は大の電車好き。図鑑や鉄道雑誌なら膝の上で一緒に読んでくれました。

まずは絵本=物語という形式にはこだわらず、膝の上で何かを広げる姿勢を身に着けることから始めました。

一緒に何かを読むことが定着してきたころに、電車が主人公で出てくる絵本を出すと喜んで聞いてくれました。

絵本を読み聞かすことに慣れてくると、いろんなジャンルをの物語を一緒に楽しめるようになりました。

リビングに本棚を置く

絵本を片隅に置いておいても全く興味を示さなかった息子。

思い立って、子どもが普段必ず手に取るおもちゃだけを残し、本棚をメインにおきました。

と言っても、並べるほどの絵本がなかったわが家。

最初の頃は図書館で10冊ほどまとめて借りてきて、一角に置いておきました。

このとき、表紙が見えるように置くのがポイントです。

おもちゃが入っていた箱に表紙が見えるよう、前向きに立てかけるようにしておいておきました。

背表紙だと全く興味を示さなかったのですが、表紙の絵が見えると、自然と開けて眺めるようになりました。

おもちゃよりも、目新しい絵本の方が食いつきはよかったです。

図書館で借りた絵本の中で気に入ったものがあれば、中古や、本屋で購入して徐々にお家の絵本を増やしていきました。

親が絵本を開く姿をみせる

ある日、子どもがおもちゃで遊んでいる隣で、何となく私が興味の持った絵本をぺらぺらとめくっていました。

すると、息子は「それなに?」と興味を持ってくれるではありませんか!?

”子どもを絵本好きにさせるには親が読書する姿を見せると良い!”と書かれた本や記事がありましたが、こういうことか…?と。

ただうちの子は親が本を読んでいても「ママ、遊んで~」というタイプだったので、子どもに興味を持ってほしい、読んで欲しい本を親が手に取ることに意味があるように感じました。

子どもって楽しいことや面白そうなことはおうちの方とシェアしたいんですよね。

これがきっかけで読み聞かせや、絵本の絵を一緒に眺めたりと楽しい時間に繋がります。

日課に読み聞かせを取り入れてみる

最初から毎日読み聞かせの時間をとるのが難しい方には、都合のいい曜日を決めてするのもおすすめです。

わが家は今こそ、毎晩寝る前に読み聞かせを行うのが日課になっていますが、初めのころは、比較的時間的にも気持ち的にも余裕のある金曜日、土曜日の夜に決めてしていました。

慣れてくると、寝るまでの時間を調整して本を読める時間を意識的に作るようにしました。

日課になってくると、子どもの方から「おかあさん!本読んでないよ!」と教えてくれます。

図書館をフル活用してみる

子どもは新しいものが大好きです。おもちゃもそうだと思うのですが、絵本も同じです。

でも、絵本って1冊1000円~というものがほとんどで結構お高いですよね。

わが家は毎週、図書館に通っています。

本に興味も持ってくれますし、公共のマナー(静かにするなど)も習慣として身に付きます。

子どもが騒いで落ち着いて選んでられない!時間がない!という方に、おすすめしたいのがネット予約です。

市の図書館のホームページから、インターネット予約ができるサービスがあります。

利用者カード情報が必要なので、カードを事前に作っておくことと、図書館によっては、窓口でパスワードを発行という場合もあります。

自治体によって違うので、そこは検索してみてください。

これがとっても便利な制度で、実際に行って本を探す手間がなく、カウンターで返却、貸出の作業が5分とかからず済みます。

私はこの方法で、5冊ほど予約しておいて、残りの数冊は子どもに選んでもらっています。

おわりに

絵本に興味がなく、落ち着きもなくいた我が2歳児も、お家の環境を少し変えてあげるだけで絵本に興味をもってくれるようになりました。

絵本好きになってからは、文字を自分から読みたがったり、図鑑や地図などで親が教えなくても新しい分野に興味を持ってくれます。

そして、我が家にとって、読み聞かせの時間は何よりも楽しい時間です。

みなさんもぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました