子育て支援センターへ行こう【初めての子育て・不安解消・相談・ママ友】

子育て中のみなさん、地域の子育て支援センターや児童館など活用していますか?

地域の子育て支援センターへ初めて行くのって、とても緊張しますよね。

私も行くのに躊躇していた経験があります。

この記事では私が子育て支援センターへ行ってよかったなと思うことをお伝えします。

みどりんご
みどりんご

子育て支援センターへ行くことは、子育てを楽しめるきっかけになること間違いなしです!

子育て支援センターってどんな所?

・主に乳幼児や保育所などに通っていない0~3歳の子どもと、子育て真っ只中の保護者の方なら誰でも行ける。

・開所している曜日・時間であれば、いつでも気軽にいける。

・支援センターには、保育士さんがいるので子育ての悩みや子どもの成長など気軽に相談できる。

・広い場所でのびのびと、たくさんのおもちゃがあるので子どもが楽しめる。

・施設内の環境に気を配ってくれているので、危険が少なく安心して遊ばせることができる。

・年間を通して、季節に合わせたイベント(七夕、クリスマス会、お誕生日会など)を開催してくれる。

みどりんご
みどりんご

安心して遊べる、親子で楽しめる素敵な場所ですよ。

もちろん、無料です!

子育て支援センターへ行ってよかったこと

”ママ友”のイメージが変わる

巷のイメージから”ママ友”という言葉にあまりいい印象がなかった私ですが、支援センターで出会ったママ友はそのイメージからは程遠いです。

私がイメージしていた”ママ友”はインスタなどでよくみるキラキラママ。

しかし、実際に支援センターを利用しているママさんの多くは…

・家で子どもと二人きり
・子どもが元気すぎる
・実家が遠いくて頼れる場所がない
・子育て中の友達が周りにいない
・義理の両親と同居で家にいたくない

そう、みな何かしらの問題や悩みを抱えて支援センターに足をはこんでいるようでした。

自治体や個人的に感じる雰囲気はそれぞれ違うかと思いますが、私の住む田舎のセンターはこんな感じでした。

みどりんご
みどりんご

とりあえず子どもを遊ばせていたら、誰かしら(職員の方なら必ず)話しかけてくれるので気張らずに、飾らずに行ってみてください。

子どもの成長がみられる

家で二人きりでいるだけでは絶対にみられない子どもの成長が支援センターで見られます。

広い場所、知らない人ばかりで、初めて行った日には私からあまり離れずにいた長男(当時9か月)。

このとき、我が子がこんなに人見知りをすんだと気づかされました。

しかし、行く回数を重ねるにつれ先生や他の赤ちゃんやお兄ちゃん、お姉ちゃんにも次第に興味を持つようになっていきました。

また、月齢を重ねると遊ぶおもちゃ、遊び方も変わっていきます。

以前は口に入れたり、なめているだけだった食べ物のおもちゃも、月日が経つとお皿に盛りつけてみたり、包丁で切るまねをしたりと、これも周りをみてできるようになったことばかりでした。

家にはないおもちゃで我が子の新たな興味を知ることもありました。

みどりんご
みどりんご

家にいるだけでは見られない、我が子の心の成長がみられるのはとてもいいことです。

生活リズムが付く

乳児の間は朝と昼。幼児はお昼寝がありますね。

私は、この朝寝・昼寝の間に支援センターをよく利用していました。

朝少し寝てから、お昼の離乳食の前まで遊ばせることで、お腹も空くし体力も使います。

するとお昼からぐっすり寝てくれることが増えました。

家にいるとグダグダとテレビを見て過ごす…という生活になりがちですが、支援センターに行くことで生活にメリハリが付きました。

みどりんご
みどりんご

毎日にリズムがあると子どもも安定するようでした。

夜の寝つきもよかったですよ。

異年齢の子と関われる

異年齢の子と関われることは、親にとっても子にとってもメリットだと感じました。

主に0歳~3歳(就園前)の子どもが支援センターにはいます。

子どもにとっては、自分より年上の子がいることで成長が促され、興味が広がります。

年下の子には乱暴をしないなど、配慮することを覚えるなどのメリットがあります。

いつか保育所に入れたいと考えている場合にも、子どもにとっていろいろな子がいるということが学べる場になると思います。

親にとっては、我が子より少し年上の子を見て「〇歳になったら、こんなことができるようになるんだ」と先を見ることができました。

みどりんご
みどりんご

保護者の中には二人目や三人目の子育てをしている方も見えて、異年齢の子を育てている大先輩にいただく本音のアドバイスはどの育児書よりも役立ちました。

気軽に相談ができる

県外に住む実家の母や友達に相談するよりも、ありのままの我が子を見ていてくれる先生のアドバイスは本当に的確でした。

子育て支援センターへ通っていると、そこにいる先生たちが我が子のことをよく見てくれています。

家での様子や、外での様子を一緒に見ながら相談に乗ってくれます。

ちなみに私が支援センターで相談したことは…
・卒乳のこと
・トイレトレーニングのやり方、悩み
・イヤイヤ期の対応
・言葉が遅いこと
などなど、数えきれない悩みを相談しました。

みどりんご
みどりんご

乳幼児の成長過程を知っているプロの方に相談するのが一番心強いですね。

行こうか迷っているママへ

子育て支援センターは、子どもも楽しくすごせ、ママもリフレッシュできる場所です。

知り合いができたり、子どもの成長が促されたり、生活リズムが整ったりと行くメリットがたくさんあります。

私も初めて行くまでにいろいろ情報検索したり、たくさん悩んでいましたが、行ってみると気持ちが晴れやかになりました。

まずは、第一歩。気軽にいってみてはいかがでしょうか。

みどりんご
みどりんご

大変な子育ても、みんなで楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました