県外・遠方へ嫁いで後悔!友達がいなくて寂しいときの乗り越え方

「遠方へ嫁いで、地元へ帰りたい・・・」

「地元で結婚した人が羨ましい・・・」

「結婚したのちょっと後悔してしまった」

大好きな彼と結婚できて幸せいっぱいなはずなのに、県外へ嫁いだことを後悔したことはありませんか?

めちゃくちゃ後悔した女(嫁)が、ここにいます。

旦那さんはいても、見知らぬ土地に一人。そりゃ大変ですよ。

同じ思いをしている県外嫁さんに、大丈夫だよと伝えたいです。

この記事では、嫁ぎ先で孤独だった私が、苦しみを乗り切った方法を紹介しています。

同じ思いの方が少しでも前向きになれると嬉しいです。

未来は明るいよ!ひとりじゃないよ!!!

結婚をして地元を離れ 失うものが多すぎた

「なにかを得ることは、何かを失うこと」とはよく言いますが

遠方で結婚する(得る)ことで失うものって多すぎるんですよ!!!

私は新婚生活2か月目にして、心の底から地元を離れたことに後悔しました。

それは、なぜか。

結婚をして、遠方へ嫁ぐいでから失ったものに気づいたからです。

・気軽に会える友達がいない

・いつも気にかけてくれる両親や兄弟がいない

・続けてきた仕事・キャリアをなくす

・使い慣れた方言を話す人がいない

・通い慣れた美容室や歯科医をまた探さないといけない

・行きつけの飲食店の味が恋しい

結婚をして遠方へ行くと友人関係や仕事など、今まで築き上げてきたものすべてがリセットされますね。

結婚して幸せなはずなのに、旦那が仕事へ出かけると孤独な時間のはじまり。

遠距離恋愛をしていたときは、地元を離れて彼のもとへ行くたびにキラキラして見えた街並みも

「なんだ、こんなもんか」ってなるんですよね。

いざ、そこへ住むとなると『すべてのものが手に入った』脱力感。

やはり、恋は盲目。そして、文字通り「結婚は人生の墓場」なのかと思ったこともありました。

だけど、好きで結婚した人と近くにいられる幸せがあるなら、きっと新しい環境でも楽しめるはずです。

結婚で遠方に嫁いだら、旦那の理解が必要

新婚生活 心のモヤモヤに旦那は気づいていない

結婚生活が始まってまもなくの旦那さんは幸せいっぱい期だと思うんです。

「帰ってきたら嫁が飯作って待っててくれる」

「俺、今めっちゃ幸せだから、当然、嫁も幸せだろう」

と思っている人が大半だと思います。

「仕事を辞めて、家にいるうちは、嫁は昼間のんびり過ごしてるんだろうな」

なんて呑気に思っていたりします。

私たち県外嫁が、心を病んでいるなんて想像もしていなかったりします。

新婚だからこそ モヤモヤな気持ちを旦那に伝えよう

新婚生活のモヤモヤは、早いうちに解決するのが一番です。

心が押しつぶされる前に、気持ちがフレッシュなうちに伝えましょう。

わが家の場合ですが・・・

ある日、旦那が飲み会で遅くなる日がありました。

「みんなに幸せ報告してきたぜ~」的なノリで帰ってきた旦那に一言。

「私は今、全然幸せじゃない。地元に帰りたい。私だって友達と気軽に会いたいし
昼間、孤独で泣けてくる。」

はっきりと思いを伝えることで旦那は、冷静に私が置かれている状況に気づいたようでした。

「そうだよな。結婚前からこうなるってこと想定できんかった自分がアホやったわ」

と気づいてくれました。

つらいとき、嫁ぎ先を飛び出して、地元へにげることもできましたが

自分の思いを伝えて旦那が理解を示してくれたことで、自分の居場所の確認ができました。

結婚の最初で、思いを伝えるかどうか。

将来の関係性の構築に大きくかかわってくると思いますよ。

結婚で人生リセットしたなら、マインドもリセット

遠方に嫁いだからには、そこで「骨を埋める覚悟」で生きていくしかありません。

いつまでも地元にこだわっていると、前に進めませんよね。

私は学生、社会人になっても実家暮らしだったので、きっとこんな孤独に感じるのかな?

これは私が成長できる環境になったんだ

と思うようになりました。

新しい土地で楽しむために、意識したことと始めたこと。

SNSは見ない

当時の私はやることがないので、ひたすらインスタグラムやFacebookに張り付いていました。

「あの子、また○○とランチ行ってていいな」

「地元だと親に子育て手伝ってもらえていいな」

・・・いいな、いいな。

・・・私なんて。

この頃の私の心の中はいつもこの二つの言葉で埋め尽くされていました。

私が決めた結婚なんだから、後悔しないように楽しもう。

新しい環境に身を置くときは、もう過去は振り返らない方がいいです。

ときどきはいいけど、前向きになれないなら後ろはみないこと。

仕事を始める

結婚をして地元を離れると、当然仕事も辞めるという人がほとんどだと思います。

新しい場所で、働き始めることで得られるメリットはたくさんあります。

・新しい土地の人と出会える、その土地の人柄がわかる

・知り合った人から、その土地の情報を得られる

・自分の居場所やコミュニティーが増える

・ふさぎ込む時間がなくなる

・お金が稼げる

以前働いていた会社を辞めて、本来なら失業保険が降りるはずだったんですよね。

だけど、失業保険は申請してから最低でも2か月かかります。

「お金なんていらないから、とにかく外に出たい」

「誰かと話したい!」

そんな思いでの再就職だったので、パートを選びました。

正社員のころとはまた違う時間の余裕とお金の余裕ができました。

小さなコミュニティーでしたが、話せる人もできて幸せでした。

やることがなくて、病みかけていた私にとって

結婚してから、すぐ再就職したことは

とても有意義な生活となりました。

習い事を始める

結婚して、新しい土地へ来たことで失うものはあるけれど・・・

仕事を失ったことで手にする”時間”は膨大ですね(笑)

せっかくなのだから新しいこと始めてみるのもいいですね。

私はヨガやジムの体験レッスンへ行きました。

結局、入会直後に妊娠していけませんでしたが(笑)

きっとそこでも新しいコミュニティーができて

人との出会いもあったんだろうと思います。

一人でできる趣味をみつける

地元でいつも友達に囲まれていた人であっても、ひとりで落ち着いて過ごす日もあったと思います。

思い出してみてください。

自堕落に過ごした学生の夏休みを・・・

社会人の時間のないときに捻出して得た休日の過ごし方を・・・

みなさんは何をしていましたか?

・ウィンドウショッピング

・コンビニまで散歩

・イラストを描く

・手芸をする

・楽器を弾く

・映画やYouTubeを見る

・読書をする

県外へ嫁いだメリット

県外へ嫁いでから感じたメリットもいっぱいありました。

・近所を歩いていても知り合いが全くいないから、適当な服でもスッピンでも気にならなくなったこと

・同じ境遇の人と知り合うと距離が一気に縮む

・私の実家はど田舎だったので、余計な噂話などきかなくても済んだこと

・自分のコミュニケーション能力を高められたこと

新しい土地、環境でリセットされたからこそ、変われた自分もいたりします。

だから、デメリットばかりではありませんよ。

さいごに。あなたへ一言

「結婚して、地元を離れて孤独でつらい」と感じる人は、今まで大切にしてきたコミュニティーがあるからではないですか?

地元を離れて寂しいと思う人って、地元の友達と素敵な人間関係が築けた人だと思うんです。

だから、新しい環境でもきっとまたできるはずですよ。

どんな人と出会ってもどこにいってもうまくやっていける人なはずです。

まずは、外に出てみてはどうでしょうか。

行動することで、気持ちや環境は少しずつ変えていけます。

焦らず、少しずつ輪を広げていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました