英語でトイレトレーニング(トイトレ)【おすすめ絵本】

日本のお母さんお父さんたちもなかなか苦労の多い、トイレトレーニング。

海外での様子はどうなのでしょうか…

今回はトイレトレーニングを題材にした英語絵本の紹介です。

トイレトレーニングは英語で?

英語でトイレトレーニング(トイトレ)は、”potty train”と言うそうです。

英語でgoogle検索すると海外でもさまざまな方法でオムツ外しが紹介されています。

子どものオムツ外し。悩んだり、苦労は世界共通なのでしょうか。

『Potty』 Leslie Patricelli

今回おすすめする絵本のタイトル”Potty”

Pottyはオマルという単語です。

この絵本に登場する坊やの表情がかわいくて、子どもと一緒に読んでいるととても癒されます。

対象年齢・英語レベル

対象年齢:1歳頃~

英語レベル:★☆☆☆☆

1ページに1文ある程度です。文章も短いもので1語。長いもので5語程度。

絵だけのページもあるので、絵を眺めるだけでも楽しめそうです。

単語は、kitty=cat(猫)、doggy=dog(犬)など、赤ちゃん言葉も多く出てきます。

あらすじ

「おしっこしたいなー。オムツでしちゃおうかな」と悩む坊や。

「猫ちゃんはどうしてる?」・・・トイレでしてる

「ワンちゃんは?」・・・お外でしてる

「じゃあ、僕もオムツじゃなくてオマルで挑戦してみよう!」とオマルに座ります。

坊やが初めてオマルでおしっこが出た瞬間の表情。

そして、それを喜ぶパパとママの様子がとても素敵です。

1歳息子の反応

ゆるーくトイレトレーニングをしている我が家も読み聞かせで、この本を読んでいます。

少しずつおしっこの出る感覚が分かってきた頃から、「ぽっちぃ」「ちっちぃ」と何となくですが、言って知らせてくれるようになりました。

いつか息子がトイレでおしっこが出たときには、成功を祝して”Hooray!”と私も喜びたいです。

まとめ

親子で楽しく英語とトイトレのおともに、ちょうどいい一冊ですね。

トイトレに限ったことではありませんが、育児中は「できた!」と思ったら、翌日には「あれれ?」と行ったり来たりの連続です。

トイトレに行き詰ったときには、この絵本を読みながら、初めてできたときのことを思い出しています。

タイトルとURLをコピーしました